オリジナルのSS・WEB小説まとめ一覧

勇者「女魔王との結婚生活」

2019年10月15日
勇者「女魔王との結婚生活」

1: VIPがお送りします 2011/10/08(土) 22:36:35.67 ID:+l5axtdU0
勇者「魔王ー、冷蔵庫の中が空だぞ」

女魔王「そうか……では買い出しにいかんとな」

勇者「俺も行くよ。少し武器も見ていきたいし」

女魔王「お前の生まれた地だからとここに住んでいるが……武器も防具も品揃えは悪いぞ」
女魔王「これでは我の配下一人も倒せん」

勇者「もう世界は平和なんだしさ、魔物の領域に足を踏み入れなければ丸腰でも平気だよ」

女魔王「しかし人間との協定を守るやつらだろうか」

勇者「おいトップ。お前が言うな」ハァ



ID:GQVeLCmSO

江頭2:50「勇者に会って来たんだよぉぉぉぉっ!」

2019年10月15日
江頭2:50「勇者に会って来たんだよぉぉぉぉっ!」

1: 『江頭2:50のピーピーピーするぞ!! SS版』 ◆k6VgDYkyGI 2011/09/13(火) 17:59:00.57 ID:rqhkf4Lz0

※はじめに※

当SSは『江頭2:50のピーピーピーするぞ!』のエガちゃんのフリートークを
題材にしたクロスオーバー系二次創作です。

「江頭ってトークできるの?」「エガちゃんがトークしてるの見たことない」
という方は、まず先に、『江頭2:50のピーピーピーするぞ! 第135回』を
ご覧になることをお勧め致します。
(東日本大震災の際、福島に救援物資を送った話がご視聴できます)

2: 『江頭2:50のピーピーピーするぞ!! SS版』 ◆k6VgDYkyGI 2011/09/13(火) 18:00:38.44 ID:rqhkf4Lz0
早川「はい、こんにちは。司会の早川亜希です。
  『江頭2:50のピーピーピーするぞ!!』始まりましたよ~!」

   今日もここ、BECKS TOKYO DAY STUDIOからお送りしてっおりますっ!
   みなさーん、こんにちはー! よろしくお願いしまーす!

   魔界の瘴気も強い中、みなさんいらして下さってありがとうございます!」

観客『いええええええええいっ!』

早川「あ~、ど~も~、ありがとうございます~!

   ――さて、冒険をしているとさまざまなモンスターに遭遇します。
   そんな中でも、出会ってうれしいのがメタル系スライム。

   すぐに逃げてしまいますが、倒したときの経験値、おいしいですよね。
   が! 万が一この男に遭遇してしまったら、こちらから先に逃げるのが懸命です。

   それでは、逆はぐれメタル芸人をお呼びしたいと思います!

   江頭さ~ん!!」

デレデレデデッ! デレデレデデッ! デレデレデデッ! デッデッデッ! デデデ~ン!

早川「お~、聞こえてきたぞぉ~!」

江頭「イィィッヤアアアアアアアアアアアアアアアアッ!
   オォッ! オオオオオオオォォォォッ!!」

勇者「魔王!お前を倒す!」魔王「ま、参った!」タンス「・・・」

2019年10月15日
勇者「魔王!お前を倒す!」魔王「ま、参った!」タンス「・・・」

2: VIPがお送りします 2011/09/10(土) 05:29:55.99 ID:dWv0rTot0
勇者「よーし、今日から冒険者だ!王様からお願いもされちゃったし、魔王を倒して世界を救うぞ!」

勇者「まずはやっぱ一人じゃ厳しいし、仲間集めかな。酒場でいいのかな?お酒飲めないんだけど・・・」

ギギイ、バタン

お姉さん「あら、いらっしゃい」

勇者「あ、あのここで旅の仲間を・・・」

お姉さん「ああ、勇者ね。王様から聞いてるわよ。で、どんなメンバーがいいの?」

勇者「え・・・えっと・・・そ、その・・・」

お姉さん「なぁに?はっきりおっしゃい」

勇者「その、やさしくて・・・おっぱい・・・の大きい女の子が・・・いいな」

お姉さん「あはははは。勇者、あんた若いねー」

勇者「旅に出る前に言っておきたいことがある」

2019年10月14日
勇者「旅に出る前に言っておきたいことがある」

1: VIPがお送りします 2011/08/31(水) 09:36:33.14 ID:jcWAUoCx0
―――ルイーダ

武道家(女)「お?」

僧侶(女)「なんでしょうか?」

遊び人(女)「はぇ?」

勇者(男)「これから長い間旅をするんだ。関係を悪くしたくないだろ?」

武道家「まあ、うん」

勇者「仲間内でルールを決めよう」

僧侶「ルールですか」

遊び人「えー?めんどーだなぁ」

勇者「規則は大事だからな」

僧侶「そうですね。集団生活をする以上、ある程度の線引きはあってもいいかと」

武道家「それでどんな規則をつくるわけ?」

勇者「―――まず一つ目だ。みんなは俺のことを義理の兄だと思うこと」

武道家&僧侶&遊び人(なにいってるんだ、この人?)

勇者「魔王を復活させよう」女魔法使い「本気?」

2019年10月10日
勇者「魔王を復活させよう」女魔法使い「本気?」

1: VIPがお送りします 2011/08/27(土) 07:18:06.61 ID:biAVbHLv0
兵士A「まてー!」

勇者「しつこいな、まったく・・・・。」

兵士A「もう逃がさんぞ!」

勇者「ラリホー!」

兵士A「ぐー。」

勇者「はぁはぁ、やっとまいたか。もう魔法力がやばいぞ。」

兵士B「おい、どこにいった。」

兵士C「とにかく探し出せ!」

賢者「しつこいですね。ほんとに。」

女魔法使い「まったく、いつまでこんな生活が・・・。」

勇者「魔王は倒したってのに、なんで俺たちが追われてるんだよ。」

女魔法使い「1年前、魔王を倒して凱旋した時に戻りたいわ・・・。」

賢者「私はうすうす予想していましたけどね。邪魔になったんでしょ、私たちが。」

勇者「冒険の書が完結しない」

2019年10月10日
勇者「冒険の書が完結しない」

1: VIPがお送りします 2011/07/29(金) 23:47:46.99 ID:Xd9Fqp7N0
王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「……」

勇者「えっ?」

戦士「この戦いも大詰めだな! 後は魔王を倒すだけだ!」

賢者「今の私たちであれば、勝機は十二分にあると思われます」

僧侶「気を引き締めていきましょうね、勇者様!」

勇者「みんな」

勇者「何を言ってるんだ」



勇者「魔王はもう倒したじゃないか」

勇者「魔王倒したし帰るか」

2019年10月10日
勇者「魔王倒したし帰るか」

1: NIPPERがお送りします(千葉県) 2011/07/01(金) 10:10:49.16 ID:5Ug8BclXo
勇者「王様チィーッス。勇者ですよーっと」

王様「だ、誰だ!?」

勇者「いやだから勇者だって。ほれ勇者の印」ぺかー

王様「それは確かに勇者のみが持つ……ああ、すみませぬ。あまりにもその……容姿がお変わりになってて」

勇者「あー、痩せたしね。ヒゲとかも生えてるし。何より格好がこ汚いよな。鎧とかドロドロだし臭いし」

王様「い、いえ。決してそのような……」

勇者「無理しなくてもいいって。あ、ごめんちょっと吸わせてもらっていい?」

王様「は? あ、ああ、葉巻ですか? では兵に良い物を用意させましょう」

勇者「いいっていいって。自分のあるし」

王様「そうですか。ところでその……他の皆様は?」

勇者「んー、戦士と魔法使いと僧侶の事?」

王様「はい。お仲間方はどこに?」

勇者「死んだよ。俺以外は全員」プハー

王様「え?」

村人女「あっ!そのタンスは調べないで下さい!」

2019年10月10日
村人女「あっ!そのタンスは調べないで下さい!」

1: VIPがお送りします 2011/07/02(土) 20:40:33.07 ID:KE+xOgJg0
勇者「いえ、調べます。なぜなら勇者だからです」

村女「勇者様でも駄目です!」

勇者「勇者には、他人の所有物を調べてもいいという、国からの許しがあります」

村女「でもそこだけは駄目ですっ!こっちのツボならいいですから!」

勇者「そのツボは昨日の夜調べました。1Gでした」

村女「夜も来たんですか!?」

勇者「はい。ただタンスを調べるのを忘れたので、また来たのです」

村女「何も入ってませんよ!本当です!」

勇者「では、調べてもいいでしょう」

村女「だ、だから駄目って……」


勇者はタンスをしらべた!

エッチな本を手に入れた!

村女「あ……」


・・・ふぅ、何だこれ

スライム「勇者があらわれた」

2019年10月10日
スライム「勇者があらわれた」

1: VIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:35:17.56 ID:hisqjk1Q0
スライム(いきなり勇者と出会ってしまった……)

スライム(儚い人生だったな……)

女勇者「か……」

スライム「か?」

女勇者「可愛い!ぷにぷにしたい!!」

魔王「世にも恐ろしい兵器を手に入れた」

2019年10月10日
魔王「世にも恐ろしい兵器を手に入れた」

1: VIPがお送りします 2011/04/03(日) 20:37:05.51 ID:wY4WWybT0
姫「魔王様のご要望通り、私の身と、国の宝を貴方様に捧げます」
魔王「……」
姫「ですからもう、国を脅かさないで下さい……どうかお願いします」
魔王「……」
姫「……」
魔王「……」
姫「あ、あの……」


このページのトップヘ